こんにちは!しし接骨院・ししフィット 院長 樋口です。

 

6/23院内研修の内容をご報告します。

テーマは前週に引き続き固定法についてです。

 

痛みを抱えている患者・利用者の皆様へ…

まず医療サービスを提供するには痛みを低減すること

その為には先ず固定(局所の安静)が必要です。

しし接骨院・ししフィットとして再現性のある医療・医学的根拠のある医療

提供するために各部位の固定範囲や包帯等の走行などを勉強しています!

 

是非、最後までご一読頂ければと思います♠

 

 

 

◇6/23 院内研修

1.日時 2021年6月23日 10:00~12:00

 

2.場所 しし接骨院・ししフィット内

 

3.内容“Summary”

①足関節U字固定 包帯走行確認

②足底板を利用した固定法(綿包帯/ホワイトテープ)

4.内容“Detail”

 

①足関節U字固定 包帯走行確認

前週までの復習、繰り返し繰り返し包帯の走行を確認しながら固定技術を向上しています^^

 

②足底板を利用した固定法

●使用材料 ソルボ縦軸アーチパッド(足底板),ホワイトテープ,アンダーラップ,綿包帯(5裂包帯)

●適用 足底筋膜炎など

●綿包帯を用いての足底板固定

※スポーツ以外の日常生活での局所安静に活用

内側の縦アーチに足底板(縦軸アーチパッド)をあわせ包帯の下巻範囲を確認

5裂の綿包帯を用いて下巻を実施

下巻後、足底板を巻き込む

 

※綿包帯での足底板固定

 

※綿包帯での足底板固定

 

●ホワイトテープを用いての足底板固定

※かぶれなどの2次的な問題が発生しやすい為スポーツ前に実施し、終了後にはずす事が望ましい!

 

内側の縦アーチに足底板(縦軸アーチパッド)をあわせ下巻範囲を確認

アンダーラップを用いて下巻を実施

下巻後、アンダーラップにて足底板を巻き込む

ホワイトテープを用いて固定

 

※アンダーラップでの足底板巻き込み

 

※ホワイトテープを利用しての固定

 

※ホワイトテープを利用しての固定

 

※ホワイトテープを利用しての固定→完成^^

 

5.所感

本日の研修は前週に引き続きスタッフの要望で固定法を実施した。

柔道整復師の業として包帯固定やテーピングは大切な固定材料であると私自身考える。

 

だが、その大切な固定材料に日常的に触れていなければスキルが低下してしまう。

そうなってしまうと固定を必要とされている患者・利用者の皆様へ最善の医療サービスを

提供する事が困難となる。

 

しし接骨院・ししフィットでは知識や技術について今できるから今後しなくて良いでは無く

何事も継続して復習しなければ知識も技術的な能力も低下していくと考える。

また知識や技術の忘却や新たな気づきなど確認できるため

院内研修の意義を再確認した。

 

これからもしし接骨院・ししフィットはより最善な医療サービスを患者・利用者の皆様に提供できるよう

スタッフ皆で日常の勉強・練習を大切にしたいと考える。

 

↓ 予約サイト ↓

https://airrsv.net/shishi-rsv/calendar

 

↓ 問い合わせ先 ↓

https://shishi-bone-fit.com/contact/

 

↓しし接骨院・ししフィットまとめサイト↓

https://shishi-bone-fit.jp/summary/

 

↓しし接骨院・ししフィットランディングページ↓

https://shishi-bone-fit.jp

 

↓しし接骨院・ししフィットInstagram↓

https://www.instagram.com/shishi_bone_fit/

 

↓しし接骨院・ししフィットTwitter↓

https://twitter.com/shishisekkotsu

 

↓しし接骨院・ししフィット公式ラインアカウント↓

https://page.line.me/487gbbks

 

↓しし接骨院・ししフィットYouTubeアカウント↓

https://www.youtube.com/channel/UCtArk8x9uqM4C4OpFtcuwwg